2014年08月27日

これでいいのか八千代の第2斎場建設計画中止

8月22日の新聞各紙に八千代市に建設予定であった、第2斎場が、4市複合事務組合議会で中止とする提案が、同意された旨の報道がありました。

私は何人かの議員の方から、8月1日の議員説明会で、同趣旨の説明を秋葉市長から受けた事、その説明に対し数多くの議員から異論が出たことを聞いていました。

この件については、2000年8月より検討がなされ、2007年に正式に八千代市が誘致意向を提示しましたが、水面下で八千代市が手を挙げていたことを知っていましたし、多くの八千代市民が第2斎場が八千代市にできるものだと信じていたと思います。

希少種野鳥の営巣のために、桑橋の地に第2斎場の建設が不可能になったことは理解できますが、そのことで、八千代市が自ら挙げた手を降ろすのには理解できません。八千代市内に代替地は必ずあったはずです。
手を降ろした秋葉市長の判断の根拠は何だったのでしょうか。

その判断の是非については、9月定例市議会での議論で明らかになるものと思いますが、私を含め第2斎場が八千代市にできるのを期待していた市民に対し、納得できる判断根拠を示してもらいたいものです。

八千代市にできようが、他市にできようが、八千代市の負担は同じなのだから、八千代市民の利便性はもちろん、雇用の場の提供をもたらす第2斎場は八千代市に建設されるべきだと強く考えます。


【関連する記事】
posted by ハットリくん at 11:30| Comment(0) | 八千代市について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。