2014年01月27日

小中学校の教室のクーラー設置について

小中学校の教室のクーラー設置について


先週の23、24日に地域新聞の折り込みチラシを配布させていただきましたが、ご覧いただきましたでしょうか。早速、励ましの電話をいただき、本当にありがとうございました。

私は、以前ブログで、トイレ改修について早急に行うべきだと書きました。
生まれながらにその環境で育ち、幼稚園や保育園でも洋式トイレを使ってきた子ども達に苦痛を強いるべきではないと考えたからです。
自分たちが育ってきた環境との違いからくる苦痛から子ども達を守るという観点からも教室のクーラー設置が必要なら、是非とも成し遂げなくてはならないと思います。

私が小中学生だった40年前には、誰一人としてこのような主張をする者はいませんでした。当時クーラーを設置していた家はどの程度あったでしょう。(私の家にクーラーが設置されたのは高校生の時、それも食堂一部屋のみ)
毎年厳しさを増す暑さに加え、お隣の中国では発がん性物質PM2,5が蔓延し、日本の空を汚しています。
この事業について、既に実施済みであったり、実施を予定している自治体がある以上、児童生徒の教育環境と健康を考えるなら、教室のクーラー設置は急がなければなりません。
私の主張に共鳴してくださる数多くの皆さんのためにも、言うべきは言い、やるべきはやるという活動を続けて参ります。
posted by ハットリくん at 10:43| Comment(2) | ・・・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クーラーは絶対に必要だと思います。
昔に比べ、夏の気温が高すぎます。
こども達がかわいそうです。

クーラーもトイレの改修もなぜ今まで行われなかったのでしょうか?
大人が「自分達が我慢してきたのだから…」という理由で
こどもにも我慢を強いていたのではないかと思っています。
教育現場は、保守的すぎます。
服部さんは、現場に声を届けてくださる唯一の方だと思ってます。
どうかよろしくお願いします。
Posted by プリッツ at 2014年01月27日 10:58
プリッツさんこんにちわ。
いつもコメントありがとうございます。
私の議員活動は、常に現場の声を行政に提案する形で行ってきました。
1日も早く行政のトップになって、現場の声を実現することができるように頑張ります。
Posted by ハットリくん at 2014年01月27日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。