2013年11月10日

子どもたちの環境整備について

@子ども医療費助成制度について

平成24年12月から千葉県の制度が、現行(通院小学校3年、入院中学校3年まで無料)に拡大されました。
八千代市では、県の制度を準用しており,子ども医療費助成の上乗せは行っておりません。この制度について八千代市は先進市でした。(県の制度は、元々八千代市が独自に行っていたもの)

八千代市には、元々『子育て支援』に積極的に対応してきた先進市であるという歴史があります.(仲村元市長時代に創設された『幼稚園就園奨励補助金』は日本で初めて八千代市が始めた制度です)

現在,子ども医療費助成制度において、通院小学校6年まで対象年齢を拡大しているのが3市1町、中学校3年まで拡大しているのが19市13町あります。

私は、平成20年12月定例県議会で、私学助成について、助成金額を一気に、大幅に増額するのは困難であっても、少しずつでも増額する県の姿勢を示す必要があると質問した経緯があります。

八千代市においても同じことが言えると思います。
八千代市が『子育て支援』に積極的に取り組んでいるという姿勢を内外に示すことで、八千代市で子育てをしようという気運を高めることが重要です。その為にも、子ども医療費助成の対象年齢の拡大は、是非とも必要であり、実現しなくてはならないと考えます。


posted by ハットリくん at 15:54| Comment(0) | ・・・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。