2013年10月18日

防災対策について

昨日の夕方、ある民生委員の方とお話をしていて、
市内の都市雨水路周辺で大変な溢水が発生しているという話を聞き、今日現地に行ってきました。

ほとんどのお宅が床上浸水となり、ひどいところは胸まで水がくる程だったようです。
住民の皆さんが口々にしていたことに、
雨水路が溢水する可能性がある段階で「なぜもっと早く広報してくれなかったのだろうか」。
その場合は、高台にあるドラッグストアの駐車場に車を一時避難させることができたそうです。

行政の責務の第一義は、市民の生命と財産の保全です。
市の対策本部と(独立法人)水資源機構とはどんな連絡を取り合っていたのでしょうか。

来週にも、台風27号が26号と同じようなルートで来襲するのではないかという報道があり、
とても心配です。

天災は避けられませんが、
人災は起こしてはならないという八千代市の防災対策を強く求めたいと思います。
posted by ハットリくん at 22:07| Comment(2) | ・・・防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に人災は起こしてはいけないことだと思います。
国・県・市は防災対策を考え、すみやかな対応
を期待したいと思います。
Posted by 八十川トシ子 at 2013年11月08日 23:28
八十川トシ子様へ

コメントありがとうございます。

この考えは、防災協会の役員として、また、消防団員として常に肝に銘じていることです。
Posted by ハットリくん at 2013年11月10日 16:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。